コロナ「第2波」、9府県で新規感染者が最大想定上回る

厚生労働省28日発表

新型コロナウイルスの流行が拡大した場合の1日の新規感染者数や療養が必要な人数の最大想定を公表した。ただ、6月以降の「第2波」では大阪や沖縄など9府県で新規感染者数がすでに最大想定を上回っている。

厚労省が示した3~5月の国内の「第1波」の流行を踏まえた推計モデルを使って、各都道府県がピーク時の感染者数を推計した。感染状況に応じて、段階的に必要な病床や宿泊施設を確保する計画もまとめた。  各都道府県のピーク時の1日当たりの新規感染者数の合計は2788人。これまで全国の新規感染者数が最も多かったのは、8月7日の1602人(空港検疫を除く)で、最大想定の合計を下回る。ただ、都道府県ごとにみると、大阪府では最大想定を96人上回った日があるほか、島根県では最大想定の5倍以上、沖縄県は4倍以上がすでに確認されている。  また、ピーク時に療養が必要なのは合計3万6556人だった。入院患者数は2万780人で、うち2928人が重症患者だと推計された。  沖縄県ではピーク時に425人の療養が必要と想定されたが、厚労省が週1回発表する療養状況の集計で、療養者数が最も多くなった8月12日時点だと、沖縄県の療養者は937人と大幅に上回った。厚労省の担当者は「計画を上回る場合は実際の感染状況に合わせて各都道府県が対応していく」としている。  今回の推計は緊急事態宣言下の外出自粛のような市民への強い協力要請が前提だが、「第2波」では、一部の自治体の独自の取り組みにとどまった。推計の前提と実際が異なることについて、厚労省の担当者は「一定の仮定で計画を立てフレキシブル(柔軟)に対応することが大切。事前のシミュレーションという意味で十分意味がある」と話す。(姫野直行、合田禄) ■新規感染者と療養者の最大想定 (最大想定と8月12日時点の療養者数は厚生労働省発表。「これまでの最大」は都道府県の発表を集計、都道府県別や全国のピークの日はそれぞれ異なる)

最新情報をチェックしよう!

コロナ第二波の最新記事8件

>Bonheurの絶対的な自信はここです。

Bonheurの絶対的な自信はここです。

付けたばかりのジェルネイルがすぐに取れてしまった事はありませんか?当サロンは持ちの良さに自信があります。取れてしまう期間が早い方は是非一度、ご体験頂けたらと思います。8割のお客様はリピーターの方々です♪ また、当サロンでネイル・アイラッシュ・フェイシャルエステとフルコースのお客様も少なくありません!

CTR IMG